昨年8月に世界を一変させた画像生成AI「Stable Diffusion」をオープンモデルでリリースしたStabilityAI社は日本に拠点があり、日本でも特色ある開発を行っています。11月には数多くの日本語モデルがリリースされました。 利用規約 > By downloading, using, or distributing any portion or element of this

日本語で画像を生成できる新技術「JSDXL」とは?和風画像を生成してみよう!

昨年8月に世界を一変させた画像生成AI「Stable Diffusion」をオープンモデルでリリースしたStabilityAI社は日本に拠点があり、日本でも特色ある開発を行っています。11月には数多くの日本語モデルがリリースされました。 利用規約 > By downloading, using, or distributing any portion or element of this
2023年11月21日、StabilityAI社は画像から動画を生成する技術「Stable Video Diffusion」(SVD)を公開しました。 研究者の方はGitHubリポジトリで公開されたコードを試すことができます。ローカルでモデルを実行するために必要なウェイトは、HuggingFaceで公開されています(注意:40GBのVRAMが必要です)。 さらにStable Video

AI動画生成の大きな一歩 StabilityAIが「SVD Image-to-Video」を公開

2023年11月21日、StabilityAI社は画像から動画を生成する技術「Stable Video Diffusion」(SVD)を公開しました。 研究者の方はGitHubリポジトリで公開されたコードを試すことができます。ローカルでモデルを実行するために必要なウェイトは、HuggingFaceで公開されています(注意:40GBのVRAMが必要です)。 さらにStable Video
2023年11月17日「Automatci1111」や「Fooocus」、「ComfyUI」を代表とするStable Diffusion WebUI各種が簡単なインストーラーでセットアップできちゃう「Stability Matrix」が最新版 v2.6.1にアップデートされました。 このリポジトリは、主にKohyaさんが開発したStable

Stability Matrixが最新版 v2.6.1にアップデート

2023年11月17日「Automatci1111」や「Fooocus」、「ComfyUI」を代表とするStable Diffusion WebUI各種が簡単なインストーラーでセットアップできちゃう「Stability Matrix」が最新版 v2.6.1にアップデートされました。 このリポジトリは、主にKohyaさんが開発したStable
AICUメディア事業部のKotoneです! 前回の記事にて、10月30日(月)から11月2日(木)にシリコンバレーで行われた「ODSC West(Open Data Science Conference)」というデータサイエンスのカンファレンスをレポートしました。 この記事では、生成AIの誕生からStableDiffusionの発表、画像生成AIの急速な発展を再確認しました。

シリコンバレーからみた生成AI — Stable Diffusion内部を学ぶ

AICUメディア事業部のKotoneです! 前回の記事にて、10月30日(月)から11月2日(木)にシリコンバレーで行われた「ODSC West(Open Data Science Conference)」というデータサイエンスのカンファレンスをレポートしました。 この記事では、生成AIの誕生からStableDiffusionの発表、画像生成AIの急速な発展を再確認しました。
さて、今回は当社CFOのKojiから、10月30日(月)から11月2日(木)にシリコンバレーで行われた「ODSC West(Open Data Science Conference)」というデータサイエンスのカンファレンスのレポートが届きました。 Stable Diffusionに関するまとまった講演もあったとのことで、皆さんにご紹介したいと思います!

シリコンバレーからみた生成AI — Stable Diffusionの重要性

さて、今回は当社CFOのKojiから、10月30日(月)から11月2日(木)にシリコンバレーで行われた「ODSC West(Open Data Science Conference)」というデータサイエンスのカンファレンスのレポートが届きました。 Stable Diffusionに関するまとまった講演もあったとのことで、皆さんにご紹介したいと思います!
2023年11月6日、OpenAI DevDayにて新モデルと開発者向け製品が発表されました。 https://openai.com/blog/new-models-and-developer-products-announced-at-devday ・GPT-4Turboの128Kコンテキストと低価格化: より高性能で安価で、128Kのコンテキスト・ウィンドウをサポート

OpenAI DevDayリリース詳細 日本語版

2023年11月6日、OpenAI DevDayにて新モデルと開発者向け製品が発表されました。 https://openai.com/blog/new-models-and-developer-products-announced-at-devday ・GPT-4Turboの128Kコンテキストと低価格化: より高性能で安価で、128Kのコンテキスト・ウィンドウをサポート
米国法人である AICU社は日米のクリエイティブAIをテーマに活動しているデラウェア州登録、カルフォルニアのシリコンバレーにオフィスがあるAIスタートアップ企業です。 その中でメディア事業部の運営する「AICU media」はお気付きの通り、広くクリエイティブな方々をAIをより使いこなすことで温めていくようなメディアを学生ライター中心で構築しています。 ・アクセス数を目的にした炎上狙いの記事

AICU media 学生インターン募集(2023年11月期)

米国法人である AICU社は日米のクリエイティブAIをテーマに活動しているデラウェア州登録、カルフォルニアのシリコンバレーにオフィスがあるAIスタートアップ企業です。 その中でメディア事業部の運営する「AICU media」はお気付きの通り、広くクリエイティブな方々をAIをより使いこなすことで温めていくようなメディアを学生ライター中心で構築しています。 ・アクセス数を目的にした炎上狙いの記事
先週、しらいはかせCEOのTwitterで紹介されて数十万バズとなったツイートがこちらから、ゴブリンツール「 goblin.tools 」というステキなAIDXを体験できるタスク管理ツールを紹介します。 「同人誌のを入稿する」という日本語の親ToDoから「Magic ToDo」使うと ・内容を決定する ・内容に基づいて文章を書く ・文章を校正する ・レイアウトを作成する

タスクを分解してくれるゴブリンツールは”すべてのひと”にうれしいAIDXを実現

先週、しらいはかせCEOのTwitterで紹介されて数十万バズとなったツイートがこちらから、ゴブリンツール「 goblin.tools 」というステキなAIDXを体験できるタスク管理ツールを紹介します。 「同人誌のを入稿する」という日本語の親ToDoから「Magic ToDo」使うと ・内容を決定する ・内容に基づいて文章を書く ・文章を校正する ・レイアウトを作成する
本講義は今年度、東京藝術大学において新しく取り組まれた「アートDX特別講義シリーズ・生成AIと芸術」という学内向けの講演の第1回であり、予定されている続く講演者も日本を代表するAI研究者・表現者となっており、大変興味深いものです。 実施概要: 東京藝大アートDXプロジェクトでは2023年度後期の特別講義シリーズ「生成AIと芸術」を開催します。2022年の夏からMidJourneyやStable…

弊社CEOが東京藝術大学で「生成AIと芸術」に関する特別講義を実施

本講義は今年度、東京藝術大学において新しく取り組まれた「アートDX特別講義シリーズ・生成AIと芸術」という学内向けの講演の第1回であり、予定されている続く講演者も日本を代表するAI研究者・表現者となっており、大変興味深いものです。 実施概要: 東京藝大アートDXプロジェクトでは2023年度後期の特別講義シリーズ「生成AIと芸術」を開催します。2022年の夏からMidJourneyやStable…
■米大統領令、生成AIを初規制 公開前に安全評価義務づけ — 日本経済新聞 バイデン米大統領は30日、人工知能(AI)の安全性の確保や技術革新を図るための大統領令を発令した。開発企業はサービス提供やwww.nikkei.com このような法的拘束力をもつ規制が導入されるのであれば、米国法人であるAICU社や日本のChatGPTのユーザなどにも影響が及ぶ可能性がありそうです。

「米大統領令、生成AIを初規制 公開前に安全評価義務づけ」その実際は

■米大統領令、生成AIを初規制 公開前に安全評価義務づけ — 日本経済新聞 バイデン米大統領は30日、人工知能(AI)の安全性の確保や技術革新を図るための大統領令を発令した。開発企業はサービス提供やwww.nikkei.com このような法的拘束力をもつ規制が導入されるのであれば、米国法人であるAICU社や日本のChatGPTのユーザなどにも影響が及ぶ可能性がありそうです。